About  

Yuya Takano   (Compose/ Arrange)

[Profile]

After graduating from Tokyo College of Music, Takano served his apprenticeship with the composer Koichi Sakata,

the Japan Record Awards winner (with “Moshimo Piano ga Hiketanara”, If I Could Play the Piano)” and renowned film composer of 3 major NHK Taiga historical TV series, for 2 years. Sakata trained Takano thoroughly, from skill sets

for composing and arranging commercial music to business practice in film scoring industry.

 

Takano’s creative versatility includes film scoring for TV series and documentaries, composing

for TV/radio/online advertising, writing music for live performances of Japanese idols and artists,

publishing his music, and even arranging school anthems, many of which are released by major record labels

such as Nippon Columbia and Lantis. 

 

SBC (Shin-etsu Broadcasting Co., LTD) won the gold prize at the 46th Utanashi CM advertising competition

hosted by Panasonic and Dentsu Kansai branch office with the radio advertising Takano arranged at recording sessions.

The 88th music competition of Japan 2nd prize.

In addition, there are countless other prizes he has received throughout his career at competitions 

and various music festivals.

(as of  August 2019)

タカノユウヤ(Yuya Takano)  作曲/ 編曲  地域:東京都       旧作家名:高野裕也​​

[Profile]

長野県出身。県立長野高等学校を経て、東京音楽大学および、スカラーシップを獲て同大学大学院作曲科学ぶ。

大学卒業後、「もしもピアノが弾けたなら」の作曲やNHK大河ドラマ3作の音楽などで知られる作曲家、

坂田晃一氏に約2年間弟子入りし、商業音楽の作曲・編曲の技術および映像音楽について徹底的な訓練を受ける。

その期間、ただ一人の弟子としてレコーディングや打ち合わせなど

様々な現場に同行しプロジェクトのフローを学ぶ。

TVドラマの劇伴、ドキュメンタリー番組の音楽、CM(テレビ、ラジオ、web)などへの楽曲提供、

アイドルやアーティストのライブ楽曲の作曲、オーケストラコンサート、

楽譜集の出版(NHK出版、ヤマハミュージックメディア、アカデミア・ミュージック)、

校歌の編曲(作曲 : つんく)などを手掛け活動を展開。

日本コロムビア、ランティス、エイベックスをはじめとした大手レコード会社からのリリース楽曲多数。

演奏会用作品としては、雲井雅人サックス四重奏団 他 より委嘱を受ける。

自身が編曲を担当したラジオCMで「SBC」が、

第46回歌のない歌謡曲CMコンクール(パナソニック・電通関西支社共催)

にて金賞を受賞。

2019年、第88回日本音楽コンクール作曲部門 第2位入賞。

2018年、チッタ・ディ・スポレート国際作曲コンクール(イタリア)優勝

同年にイタリアで開催された「Strumenti&Musica Festival」では

ゲストコンポーザーとして招待され、自身による作曲作品についてのレクチャーを行った。

トロンボーン ピース・オブ・ザ・イヤー2019 作曲賞(最高位)受賞。

2017年、月刊ピアノ×ピティナ編曲オーディション上級部門 第1位。

​(2019年8月現在)